株式会社リケン

ピストンリング博物館

ピストンリングの機能

B-3 構成と要求仕様

ピストンリングの機能を発揮し続けるためには、次のようなことが要求されます。

  1. ピストンリングの外周は真円にできあがっているでしょうか。シリンダーと隙間があったら大変です。ガスが漏れます。
  2. シリンダー壁には、必要な力(面圧)※1で押しつけているでしょうか。
  3. 高温の燃焼ガスに耐えられる材質でしょうか。
  4. 腐食性のガス成分にも耐えられるでしょうか。
  5. 高速で往復運動しても、壊れないでしょうか。
  6. ピストンの溝と激しくたたきあうことになりませんか。
  7. ピストンの上の方は、潤滑油(エンジンオイル)が不足するでしょうに、摩擦力はどうなっているのでしょうか。
  8. 毎分2~3000回も往復して、寿命は大丈夫でしょうか。何年も交換したと聞いたことがありません。
  9. 寒いとき、寒い国、暑いとき、暑い国、などでも大丈夫ですか。
  10. 滑りやすく、摩擦の少ない方がよいですよね。

非常に多くの項目に対して、大丈夫か確認をして、使っていただいているのです。

  • ※1 シリンダ壁面に作用するリングの半径方向圧力。