株式会社リケン

CSR情報

CSR方針

リケングループは、経営理念に「地球環境を守り、社会に貢献する一級企業市民であり続ける」ことを掲げています。
今まで日常の業務から一切の不正を排し、安全でクリーンな環境づくりに貢献し、透明性の高い、開かれた企業とすることを目指してきましたが、これまで以上に、株主・投資家、顧客、仕入先、従業員、地域社会をはじめとする企業を取り巻く幅広いステークホルダー(企業の利害関係人)との対話を通じて、その期待に応え、信頼を得るよう努めることが必要であると認識しております。
「企業の社会的責任(CSR)」を果たすため、当社は「リケングループ倫理規範」を制定し、リケングループの全ての役員・従業員の行動規範としております。

リケングループ経営理念

  • 私たちは地球環境を守り、社会に貢献する一級企業市民であり続けます
  • 私たちは株主の資本を効率的に活用し、グローバルに企業価値を創造します
  • 私たちは知識の向上と技術の革新を心がけ、世界のお客様に感動を与える製品を提供します
  • 私たちは高い志と広い視野を持って、常に変革を遂げていきます

リケングループ倫理規範

  1. 社会・地域との関係
    1. (1)社会への貢献

      各国・地域の法令を遵守し、文化、慣習を尊重し、地域社会に貢献するとともに、環境保全やボランティア活動へ積極的に取り組む。

    2. (2)環境の保全

      環境保全と安全確保に努め、環境・安全に配慮した製品を提供する。

    3. (3)安全の確保・品質保証

      製品の安全性を確保し、事実を歪曲する行為はしない。道路交通法と関連法規の遵守に努め、労働災害と交通災害を防止する。

    4. (4)情報開示

      正確で適切な情報の適時開示を行う。

  2. 基本的人権の尊重及び差別的取扱いの禁止

    個人の人権を尊重し、差別を行わない。

  3. 競争法の遵守

    独占禁止法、下請法等すべての関連法規に反する行為はしない。仕入先などの取引関係先とは公平・公正な関係を構築する。

  4. 腐敗防止

    贈答、接待等は法令に違反することなく、かつ社会通念上容認される範囲内で行う。

  5. 不正への対応

    反社会的勢力とは関係遮断を図り、一切関わらない。また、社内でリケングループの倫理規範・社会規程違反等があった場合、役職員はヘルプラインに通報できる。

  6. 利益相反行為の禁止

    役職員はリケングループの利益と相反する行為は行わない。

  7. インサイダー取引の禁止

    会社の経営・業務等に関する未公表の重要事実を知ったとき、それらの事実が公表されるまで、株式の売買等を行わない。また、情報漏洩してはならない。

  8. 機密情報の漏洩・流出防止、情報システム安全性の保持、個人情報の保護

    業務上の機密情報管理には、最善の努力を払い、情報システムは適切に使用する。個人情報は適切に保護・管理する。

  9. 輸出取引管理

    各国・地域の法令等で規制される技術・物品等の輸出に関し、適切な輸出手続き・管理を行う。

  10. 知的財産権の保護

    リケングループが保有する知的財産を保護するとともに、第三者の知的財産の不正使用・権利侵害を行わない。

  11. 会社資産・資金の保護

    リケングループが保有する資産・資金・情報システムは適切に使用する。