株式会社リケン

ピストンリング博物館

エンジンの構造と機能

エンジンの構造

ボンネットを開けて、エンジンをゆっくり眺めたことはありますか。
最近のエンジンは複雑な構造と制御システムを持ちながら、コンパクトに作り込まれています。
ここに、代表的なガソリンエンジンの構造を紹介しましょう。

各部位名の上にマウスをおいてみて下さい。

ガソリンエンジンの構造

  • タイミングギア

    タイミングギア

  • タイミングベルト

    タイミングベルト

  • カムシャフト

    カムシャフト

  • ピストン

    ピストン

  • コンロッド

    コンロッド

  • クランクシャフト

    クランクシャフト

  • ベアリングキャップ

    ベアリングキャップ

  • スターターモーター

    スターターモーター

  • フライホイール

    フライホイール

  • バルブ

    バルブ

  • バルブスプリング

    バルブスプリング

引用 『エンジンはこうなっている』グランプリ出版

エンジンの機能

エンジンはどんな動きをするでしょうか。

こんな画をご覧になったことはありますか。
そうです、エンジンの動きを4つに分解して説明しています。
運転免許証をお持ちの方ならご存じの4行程(4ストローク)、すなわち(1)吸入行程、(2)圧縮行程、(3)燃焼・膨張行程、(4)排気行程です。

代表的な4ストロークエンジンについて見ていきます。

4サイクルエンジンの作動

引用 『エンジンはこうなっている』グランプリ出版

吸気行程では、大気と燃料を吸い込みます。これは、大気の温度、常温と考えてもよいでしょう。
そして、爆発燃焼ガスを発生する膨張行程ではかなりの高温となり、排気孔から出てくるガス温は800℃以上にもなります。

それでは いよいよピストンリングの説明に入りましょう。