自分の作品が、海を越えて広がっていく。

学生時代は何を学びましたか?

物性・化学の両方を学び、卒業テーマとしては水素吸蔵合金を用いて極低温化における水素の振る舞いなどを研究していました。エンジンや機械とは関係のない分野ですが、教授や先輩に相談しながら計画的に研究を進めることは、仕事にも共通しています。

リケンを選んだ理由は?

自動車に関連する仕事に就きたいと考えていました。リケンを知ったのは大学の先輩の紹介です。国内外の自動車メーカーを相手に仕事をしているところに魅力を感じました。

現在の仕事内容は?

次世代のエンジンに対して、環境・燃費・コストを考慮したピストンリングを設計しています。お客様である自動車メーカーの開発要望に合わせ、新製品開発や最適仕様の検討をします。最近は国内だけでなく海外の自動車メーカーにも提案を行っています。これら提案仕様に対する図面作成や、新技術を量産化できるよう関係部署との調整も重要な仕事です。お客様への仕様提案から量産化まで携わることで、新しい製品を誕生させることが出来ます。

いちばんうれしかったエピソードは?

自分が提案したピストンリングがお客様に採用頂き、量産化された時が最もやりがいを感じます。新しいエンジンに対してお客様がどんな事を求めているか情報をとり、それに応えられる仕様を考える必要があります。先輩や上司、他部署との連携を取りながら、生産性や要求仕様を満足するピストンリングを設計します。これらをまとめるのは苦労しますが、お客様に提案した内容を受け入れられた時は達成感があります。

自らの成長につながったエピソードは?

入社3年目のとき、ゲストエンジニアとして自動車メーカーへ出向しました。お客様の要望を間近で汲み取り、「どうすれば私たちのピストンリングを使ってもらえるか?」お客様の視点で考えたことは貴重な経験でした。

リケンの魅力は?

日本国内だけでなく、海外と関りのある仕事ができます。さらに自ら主担当となり、新製品開発の重要な仕事を担う事ができます。これらの仕事が若い社員にもチャンスがあることが特徴だと思います。

今後の目標は?

今後の自動車産業は海外での生産が伸びる傾向にあります。リケンのピストンリングを世界で広く採用頂けるよう、海外のお客様にもわかりやすい提案を行うため、製品知識や語学をさらに学びたいと考えています。

  • リング生産技術部 材料表面処理開発室 材料表面処理課 廣田 和彦
  • リング製品技術部 製品開発室 製品設計課 斎藤 功
  • リング製品技術部 機能解析室 望月 和矢
  • ピストンリング部 スチール製造一部 表面処理課 改善係 貝羽 健吾