リケンの強み、早わかり 先端のエンジン性能を、支える技術。

21世紀は、環境問題を避けては通ることはできません。
環境への配慮から、ピストンリングを始めとした多くのエンジン部品が厳しい使用条件での
耐久性や高性能化(低燃費・低エミッション・高信頼性)を求められています。
私たちは最先端のトライボロジー技術を駆使して、21世紀の要求に応え、
常に時代をリードしていきます。
それを支える技術、リケンの強みをご紹介します。

1.製品技術力

製品設計

ピストンリングやシールリングという
ニッチな市場の製品の設計です。

CAEを使って試験・解析・評価をしてデータベースを作り、それを基に製品をひとつひとつ設計する技術力に、リケンは定評があります。ピストンリングだけでも1万点を超えるアイテムがあります。
工程設計

ピストンリングは、とても作りにくい製品で、
完成するまでに多くの加工工程があります。

そのための生産技術の組み合わせや製造の条件を決める工程設計は、製品を成立させるための大切な技術です。他社には真似のできないこの技術力がリケンの強みとなっています。

2.生産技術力

材料技術

創業時から、素材を研究し続ける会社。

創業時の昭和初期から金属材料開発に力を入れており、エンジン部品に使われる様々な金属材料(鋳鉄材、スチール材、アルミ合金)を開発しています。製造上加工しやすく、使われるエンジンに適した材料開発が必要であり、レース環境のような厳しい条件でも対応できる。そんなピストンリングを開発し、一般の車でも使用しています。他の素材開発も進め、現在は樹脂材料やセラミックスの開発にも定評があります。
形状創成技術

超精密な製品を大量生産する会社。

ピストンリングはエンジン性能・信頼性を確保するために、各部寸法を超精密な精度で仕上げる技術が要求されます。硬質や軟質の高機能な金属等の素材を成形し、表面処理等の仕上げを超精密に加工する、その精度を保障しながら生産量トップシェアを維持し続けていることが、リケンの大きな強みです。
表面改質技術

皮膜のスタンダードをつくった会社。

近年の高出力化・低燃費化を目指すエンジンに対して、摩耗・焼き付きや摩擦力低減に対応するため表面改質技術は非常に重要。現在主流のIP(イオンプレーティング)皮膜を、1980年代に業界で初めてピストンリングに実用化したのがリケンです。その他、クロムメッキ、ガス窒化、溶射等の表面改質技術をエンジン要求に合わせて使っています。2000年以降は、新しい技術であるDLC(ダイヤモンドライクカーボン)皮膜をエンジン部品用に開発して、業界に送り込んでいます。
製造技術

数ある製造工程を一つ一つ極める会社。

工程や治工具、設備を自社開発し、より品質よく、より効率よく作れるかを常に考えている製造技術があるからこそ、リケンは精密なピストンリングを大量生産できるのです。
高いシェア

現在、世界第3位。

ピストンリングの国内シェアは50%以上で第1位。世界シェアは20%で3位です。また、AT用シールリングでも国内トップとなる70〜80%のシェアを獲得しています。指輪サイズから、直径1メートルを超えるものまで、ありとあらゆるピストンリングをつくっています。日々変化を遂げていくエンジン性能。その中でこれだけのシェアを確保できているのは、メーカーのニーズを満たすピストンリングの開発・提案ができる製品技術力・生産技術力があるからです。
幅広い取引先

これだけ顔の広い会社、めったにない。

リケンは独立系メーカーですから、系列に縛られることはありません。国内の全自動車メーカーはもちろん、バイクメーカー、バス・トラックメーカー、建機・農機メーカー、造船メーカー、産業機器メーカー…。エンジンを使う乗り物や機械をつくる、すべての国内メーカーと取引があります。もちろん、たくさんの海外のメーカーとも。これほど幅広く取引のある会社は、めったにありません。一部レース等、特別管理したピストンリングも納入し、高評価を得ています。
最先端開発1

全メーカーのすべてのニーズを把握しています。

エンジン性能を向上させるためには、ピストンリングの高精度化が必要不可欠。だから自動車メーカーは、エンジンをリケンと共同開発。未来のエンジンはメーカーにとって秘密情報ですが、その中身を私たちは知っているのです。最先端技術の開発に携わり、さらなる高精度化を目指す。技術者はやりやすい環境の中にいます。
最先端開発2

化石燃料を使わない未来の車のために。

電気や水素など、ガソリン車に代わるパワートレインテクノロジーは進化を続けています。世界ではまだまだ化石燃料を使うエンジンへのニーズが続いていますが、数十年という単位で見れば、先細りしてしまうのも事実。リケンはその未来を見据え、すでに手を打っています。近い将来、リケンの製品が新しいパワートレインに使われていることに気づくでしょう。
エコロジー

リケン製品は、すべての低燃費車に搭載。

近年の国産の低燃費車TOP10(※)すべての機種に、リケンのピストンリングをはじめとする様々な自動車部品が採用されています。今後、更なる低燃費化といった性能向上を達成するために、更に高精度化と高機能化を追求し続けます。
(※2015年1月現在)