工場を動かすのは、営業です。

リケンを選んだ理由は?

学生時代に自動車に関連するアルバイトをしていたこともあり、自動車メーカーを中心に就職活動を進めていました。ある時、自宅に一通のDMが届き初めてリケンの存在を知り、会社説明会に参加。そこで部品メーカーも重要な役割を担っていることを聞き、興味を持ちました。最終的には面接等対応して下さった人事の方が他の会社よりも丁寧で、かつ会社もアットホームな感じで安心出来たのでリケンに決めました。

現在の仕事内容は?

自動車メーカーの営業担当です。現在、当社のコア製品であるピストンリング、シールリング、鋳鉄ナックルを主に販売しておりますが全製品の営業を担当しています。実務としては、これら製品の新機種の受注、開発、量産品のフォローなどです。また、取引以外の製品については、新規拡販・参入を目指し営業活動をしています。新機種の受注業務ですが、一般的には製品仕様、コストで競合他社との競争になりますが、より優れた製品を提案したメーカーがML(メーカーレイアウト)を獲得出来ます。MLを獲得した場合、お客様と開発、量産、補修と長期間に渡りパートナー関係になることが出来るため、このML選定は営業にとって最重要案件であり、技術部門と一丸となって取り組んでいます。ML獲得後は量産仕様を決定していくための開発業務に移行していきます。営業がお客様の要求仕様を工場へ伝えるのは当然ですが、お客様により良い車両開発をしていただくために、情報収集を行いニーズに沿った仕様提案や試作品の手配、試験結果含め開発日程の進捗管理が主な業務になります。近年は燃費・排ガス規制の対応としてピストンリングやシールリングの低フリクション化、ナックル等の鋳鉄部品の軽量化の強い要望があり、コンペティターとの競争を優位に進めるためには先行開発から新技術の提案を行うことが重要となっています。その他、量産後の納入管理、品質保証の点についても営業主導でお客様対応を進めています。

いちばんうれしかったエピソードは?

私が営業に配属されて初めて担当したメーカー窓口の方と大変友好的な関係を築けたことが一番の思い出です。私は工場で2年間生産管理の仕事をしてから営業に配属されましたが、営業実務は全てが、はじめてのことばかりで大変苦戦し、お客様に迷惑を掛けたこともありました。しかし、そのお客様は新人の私に対し仕事の進め方や、そのお客様の社内のことについて丁寧に教えて下さり、更にはプライベートのことまで相談に乗っていただける間柄になりました。私が別メーカーの担当へ変わった際、『本当によくやってくれた!』と一言いただいた時は本当に嬉しかったですし、仕事は対会社ではなくどこまでも人と人との関係が大切であることを学びました。

リケンの魅力は?

リケンの行動規範に「オープン(情報を広く共有し、論議をつくそう)」とあり、年齢、役職は関係なく社員一人一人の意見を大事にしてくれる会社だと思います。営業はお客様からの要求を代弁し工場へ伝えますが、要求内容次第では工場と意見がぶつかり合うことも多々あります。しかし、難しい案件ほど社員一人一人の意見をもとに課題解決をしていくことが大切です。私の上司は重要な案件であっても私の意見を必ず聞き、その後に何が一番良い方法か議論をさせてくれます。

今後の目標は?

自動車メーカーの営業を担当して2年と経験も浅いですが、もっと営業実務や製品知識・技術を学びグローバル営業を目指して営業の基礎をしっかりと勉強して、近い将来には海外拠点での勤務を目標にしています。英語のスキルは未熟ですが、現在社内教育として行っている英会話レッスンや、通勤時間を利用しリスニングに取り組む等してスキルアップに挑戦しています。当社も非日系メーカーへの拡販が進み売上規模も拡大していることから、自身もこの変化へ柔軟に対応し将来会社を支えていく人材へと成長していきたいです。

  • 営業本部 神奈川営業部 営業課 山本 恵
  • 営業本部 東京営業二部 営業課 鈴木 賢治
  • 海外事業部 吉田 恵理